1. トップページ
  2. ビタミンC美容液の効果的な使い方

ビタミンC美容液の効果的な使い方

ビタミンCは水溶性なので、洗顔後の顔に油分を付ける前にビタミンC美容液を塗るようにしていました。また、特に気になる所にはピンポイントで叩き込み、少しハンドプレスした後乾燥を防ぐケアを行うようにしていました。

30代 【目的】毛穴の開きの改善と美白対策

ロート製薬のObagiCは化粧水のあと、3.4滴を顔全体になじませます。その後、乳液やローションで保湿をします。朝晩なので一日二回です。できるだけ肌に浸透させるために、顔につけた後はしばらく時間を置いて、乳液を塗るようにはしていました。

27歳 【目的】お肌のハリ、シミ対策として使用

基礎化粧品として、普段のローションの前に、まずいちばん最初にシミの上からつけていきます。肌にいちばんに浸透させるためには最初につけるのが効果的です。そのうえから、ローションと乳液で基礎化粧を終えます。朝はそのうえから、ファンデーション下地をつけて化粧をします。コンシーラーもたまに使います。

40代 【目的】シミを防ぐため、シミの改善

メイクなどのクレンジングをしっかり行い、浸透しやすい肌の状態で美容液を使用することです。しっかりとは激しく落とすということではなく、正しいクレンジングをするという意味です。また、肌状態に応じて月に1、2度、洗い流すパックなども使用します。

30代 【目的】シミやくすみの対策

量をケチらずたっぷり使います。それでも3000円くらいで2か月近くもちますし、やはりたっぷり使った方が効果が出るのも早いような気がします。洗顔後どんなに面倒臭くてもすぐにスキンケアをするよう心がけています。

32歳 【目的】日焼け対策、紫外線対策

ビタミン美容液の使い方で、そのまま塗りにくい場合は、乳液などと混ぜて使用しても良いと教えてもらったので、混ぜて使う場合もあります。基本的には夜にクレンジングをして洗顔の後に、そのまま使用することが多いです。

40代 【目的】肌のつや

使用しているビタミンC美容液はオイルフリーですが、使用感が結構ペトペトしているため、基本的には夜のケアにしか使用していません。洗顔後すぐにオイルフリーの軽めの化粧水・乳液を使用し、最後にビタミンC美容液を重ねています。ニキビが出来たり、ニキビ跡が気になるところには重ねて塗るようにしています。

37歳 【目的】ニキビ・ニキビ跡対策

入浴後、美白化粧水の後に使用しています。時間のあるときは美白パックの後、美容液をつけて軽く顔全体をマッサージするようにしています。マッサージが終わったら頬を手で温めるようにして手で顔を覆い、肌になじませます。

20代 【目的】美白

なんとなくですが、ビタミンCが死なないように冷蔵庫に保存しています。洗顔後時間を空けずに化粧水を多めに染み込ませ、その後に美容液を使い最後にクリームで蓋をしています。朝は暖かいお湯で美容液を落とすイメージで洗顔しビタミンC美容液を使わずスキンケアをしています。

28歳 【目的】シミ予防

値段が高いので夜だけ使っています。朝も使えば効果は高くなるかもしれません。少し前に美顔ローラーを購入しましたので、併せて使っています。1本使っただけなのでまだ効果は少ししか感じられませんが、リピートはするつもりなのでこれからに期待したいです。

50代 【目的】シミ、対策

Copyright (C) 2016 ビタミンC美容液の効果と実感 All Rights Reserved.